武田整形外科、世田谷区玉川、送迎システム、介護予防センター、サテライトシステム

03-3708-2250

アスレティックリハビリテーション

HOME > アスレティックリハビリテーション

スポーツ現場と医療のかけ橋 アスレティックリハビリテーション

スポーツ選手、愛好家、またお子様にスポーツをさせているご両親、スポーツによるケガに悩まされていませんか?
スポーツのケガには、急性外傷と慢性障害があります。急性スポーツ外傷では、骨折、捻挫、肉離れなどのケガをすることにより、筋力、持久力、バランス能力の低下が起こります。これらが低下したままだと、100%の能力が出せないまま、競技復帰することになりかねません。そこで、リハビリテーションが必要となります。また、スポーツ慢性障害では、腰痛、膝の痛み、肩の痛みなどを抱えたままスポーツをしてしまうことにより、急性スポーツ障害と同様、最高のパフォーマンスが発揮できない状態になっています。そのため、慢性障害でもリハビリテーションが必要となってきます。
正しいリハビリテーションを受けると、本来以上の能力に戻すだけでなく、ケガした部分をかばうことで起きてしまう、二次的な痛みも防ぐことができます。

そこで当院では、スポーツ現場と医療のかけ橋となるようなアスレティックリハビリテーション施設を開設し、医師の診断をもとに、万全な状態で競技復帰できるようサポートしてまいります。
提供内容
  • ケガの評価
  • ストレッチ、筋力トレーニングなど競技に特化した
     アスレティックリハビリテーションの作成・指導
  • 応急処置、テーピング、食事などの現場で対応していくための指導
  • 大会会場、練習所にてのテーピング等


さまざまな局面からサポートをしていきます。

  • どのような治療が必要なのかわからない。
  • ケガの後、どうやって競技復帰していいかわからない。
  • ケガをしたまま、どこまで運動できるの?

そのような方は、ぜひ武田整形外科アスレティックリハビリテーションへご相談ください。
専門のスタッフが対応いたします。 反重力トレッドミル―AlterGを採用しています。 もし、あなたが怪我をしたり手術を受けた場合、復帰するまでには多くの時間と労力を必要とします。
反重力トレッドミルのAlterGは、トップアスリートからスポーツ愛好家まで、年齢を問わず、 早期競技・活動復帰へ向けて手助けを致します。
詳細はこちら